東京都内の処女膜再生クリニック一覧
HOME » 女性器形成クリニック選びのチェックポイント » プライバシーは守られているか

プライバシーは守られているか

女性器の整形手術を受けることをおおっぴらに語る人はまずいないでしょう。多くの方は家族や友人はもちろん、道行く人にだって絶対に知られたくないはずです。クリニックを選ぶ際はプライバシーにとことん配慮してくれるかどうかも確認しておきましょう。

打ち明けにくい悩みだからこその配慮とは

まず、クリニックの入り口は人目につきにくいのがベスト。もしくは、一般美容外科や婦人科などを併設していて女性器手術だと感じさせない雰囲気があるところでも良さそうです。

一般的なクリニックでは待合室は共用、診察室は個室なので相談内容は他の患者さんに一切伝わることはありませんが、他の患者さんとも一切顔をあわせなくて良いような、完全予約制で個室対応というシステムになっているクリニックもあります。

他の患者さん(特に男性患者さん)と待合室で鉢合わせしてしてしまうクリニックや、診察の様子が外に聞こえてしまうようなクリニックは、患者さんの気持ちに配慮ができていない(=患者の気持ちに同調できない)ため、選ぶべきではないでしょう。

女性器に関する悩みは女性同士でも話しにくいものですから、自身がなるべく落ち着いてカウンセリングや診察を受けられる環境が整っているクリニックにするのが鉄則です。

女性医師・女性スタッフのみのクリニックも

普通の病院でも、男性医師に見られるのはちょっと…と抵抗を示す方もいますので、女性器に関する悩みだったら尚更打ち明けにくいものですよね。それに、過去に男性とトラブルがあった関係で処女膜再生を受けに来る女性もいます。そんな方からしてみれば、男性がいることで恐怖心につながりかねません。

女性の悩みを扱うクリニックにはこういったことにきちんと配慮し、スタッフやドクターを全員女性にしている男子禁制のところもあります。カウンセリングのときにも同じ女性ですから話しやすいですし、診察も多少は緊張すると思いますが、男性医師が診るよりはよっぽど気持ちの面で落ち着いていられるはずです。

ぜひ、クリニックを選ぶ際には価格や技術はもちろん、医師・スタッフの性別、プライバシーに配慮してあるかどうかも確認しておきましょう。

 
pagetop